パン屋の独り言

フレッシュベーカリー、アンジェリーナ店長の独り言です。
2016/12/01(木)
もう12月。


本当にあっという間。


やりたいことがあったけど間に合わないだろうな~。




今日の注文。


ランチボックスの注文をいただいていました。


たくさんのご注文ありがとうございますm(._.)m


クリスマスが近づいてきました。


ご予算に応じてパンのオードブルをお作りいたします。


予算この分でおまかせ!


でも大丈夫です。

こんな物や

こんなも。


ご希望があれば出来る範囲でお作りいたしますので


お気軽にご相談下さい。
スポンサーサイト
2016/11/30(水)
この間のインタビューで言えなかったこと。


今回は真面目に。


僕は28歳で独立。


今までがむしゃらに突っ走ってきた。


特にパン屋として腕がいいわけでもなく


経営者として凄い戦略があるわけでもないけど


これだけは絶対他の人には負けない!


そう言えることが一つだけあります。


それは


僕が









イケメンだったってこと。

ほらね。





ごめんなさい、冗談です。


改めて


それは誰よりも努力した。


みんなが眠っている時も


みんなが遊んでいる時も


みんなが休みの時も


ずっと働いてきた。


昔は同業者にバカにされたり悔しい思いもしたけどずっと我慢してきた。


結局どんなに努力しても結果を出さなければいけないのが自営業。


結果をだしてもあれこれいわれますけどね


商売って本当に大変ですよ。


大変だけど嬉しいことも悔しいことも色々だけど何だかんだでもう16年も経ちました。


何でこんなに苦しくてもやってこれたか?



それはやっぱり


好きだから。


分かりやすく言えば商売って恋愛と同じ。


若い頃好きな人が出来たら好かれようと努力するでしょ。


もし自分の家にその人が来るとしたら綺麗にしておくでしょ。


だからお店も綺麗にする。


自分が何をしたいかじゃなく


相手が何を求めているか?


それを常に考える。


でもその人が例えば彼女なり奥さんになったりしても


ずっとその頃と同じに相手のことを優先的に考えることが出来るか?


なかなか難しいですよね。


商売も同じ。


最初は一生懸命やる。


でも例えば売れたりすると勘違いする。


まあこれくらいいいかな。


ちょっとくらいいいかなって。



何年経っても最初の気持ちでやり続けることが大事。


常にお客様の立場にたって


何をしたら喜ぶか?


お客様がどんな商品を求めているか?


僕はいつも考えています。


それこそ寝ても覚めても。


それくらいで当たり前。


僕はそう思っています。


ただ恋愛の表現の仕方は人それぞれ。


僕はイケメンでもないので相手に嫌われないようにあれこれ喜んでもらえるように考える。


僕は腕がよくないから


でもイケメンで自信のある人は俺についてこい!


パン屋だったらハード系しか販売しません。


国産小麦のパンしか販売しません。


とか売り切れたらおしまい。


どれが正解ってわけではなく


自分を貫き通す。


これでいいと思う。


だからいろんなパン屋さんがあっていいと思う。


僕は僕の


他の人は他の人の考え方。


いろんな人がいていろんなやり方がある。





まだまだ書きたいことがたくさんありますがこの辺で。



おしまい。




2016/11/19(土)
昨日の続き。


撮影で言えなかったこと!


プロデューサーさんからの質問。


言われて嬉しい言葉は?


それに対して僕は


やっぱりオイシイって言われるのが一番嬉しいです。


緊張していた僕はこれでその質問の答えは終わり。


そうじゃないんだよね。


例えば何か例を出すとか


説明が必要なんです。


ここで言えなかったこと。


東日本大震災の翌日。


ほとんどのお店は営業出来なかった。


でも僕はいつものように朝7時にオープンさせた。


夜に雪が降りとても寒い朝でした。


目が覚めたのは午前3時くらいかな?


勿論電気は通っていませんでしたが


朝市みたいに発電機を回してアンジェリーナ1号で焼くことに。


オープンしたところでお客様は来るのだろうか?


でも今出来ることをやろう。


雪かきして7時から焼き始めると


次々とお客様が来て


あっという間に行列。


スタッフには明日のことは考えるな


とにかく出来ることをやろう。


そう言って僕は外でパンを焼き


スタッフは調理パンを作ったり


揚げ物を揚げたり



途中サンド用のパンがなくなり


もうカツを揚げてそのまま販売したり



とにかく温かいものを販売しました。


お昼頃に完売して


お客様皆さんに喜んでいただいた。


まさかこんな状態で焼きたてのパンを食べれるとは思っていなかった!


とにかく皆さんに


嬉しいとか


ありがとー



とか


アンジェリーナの近くに住んでいて良かったとか



震災後もパンを買いに来たお客様にあの時は有り難う。



そう言ってもらえて自分も感動したっていうか


とてつもなく嬉しかった。


他のパン屋さんが出来ないことをしたんです。


それでたくさんのお客様を喜ばせることが出来た。


別にそうなることを予想したわけでもなく


今僕がやれることをやっただけで


たくさんの人にちょっとだけ幸せを与えることが出来た。


この時のオイシイは心に残る言葉。


多分一生わすれることが出来ない


オイシイなんだよね。




これをカメラの前で言えればな~。


また長くなりそうなので続く。





2016/11/19(土)
一週間ってあっという間に過ぎます。

10年前の苦しい時代、毎日20時間労働で2時間の睡眠時間で頑張っていたとき


一日がとてつもなく長かった!


よく心が折れずに倒れずに頑張った、今はそう思います。


そんな昔話から今はこんな風になっちゃいました。


少しお話させていただきました。


先週の土曜日から日曜日の朝市まで密着取材でした。


撮影は二班に別れて大安食堂さんとうちと密着取材だったようです。


ただ朝市の特集ではなくテーマは冬に働く人、だったかな?


だからいろんな場所で撮影するらしいのでほんの少し紹介されると思います。


テレビ東京の


たけしのニホンのミカタって番組で向こうでは金曜日の22時放送だそうで


12月16日放送予定だそうです。


残念ながらこっちでは放送されません。


再放送があればよいのですが。





終わってみて撮影するスタッフの方も大変だと思いました。


土曜日の朝からお店の撮影をして


お昼はホテルで休みまたその日の19時にお店に来て撮影。


また少し休み日付は変わり午前2時30分から撮影開始。


そのまま朝市会場で色々と撮影。


ほとんど僕と変わらない生活をした二日間。


こんな変な生活に慣れていないスタッフの方には大変だったと思います。


お疲れ様です。


インタビューでは言いたいことがたくさんあった割には言えなかった。



普段真面目に書くことがあまりないこのブログ。


ちょっと昔のことや仕事についてこの間言えなかったことをこのブログでお話しようと思います。



でもちょっと長くなりそうなので次に。
2016/11/11(金)
今日からの新商品

カポナータ。


野菜たっぷり、トマトソースがベースのイタリアの伝統料理です。


生地はクロワッサン。


それとイチゴデニッシュの代わりに


フルーツドーナツデニッシュ。

デニッシュドーナツにフルーツをのせました。


前回好評でしたのでそろそろ。


そんな感じで宜しくお願いしますm(._.)m


 | Copyright © パン屋の独り言 All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド